2018年03月06日

伊達の小学校で展示(続き) 洞爺湖・有珠山なりたち1/3

P3050349 11

1. 日本列島のおいたち 今から1億年ほど前、日本列島の元となった大地はユーラシア大陸の日本海沿岸の位置にありました。数千万年前に大陸から分かれ南側へ移動してきました。そのころの日本はほとんど゛か海底で、火山島が所々で頭を出しているような姿だったと思われます。この絵は現在の日本の大地がどのあたりから移動してきたかを示しています。大地の動きは現在でも続いているのです。

P3050350 22

2. 数100万年前の洞爺湖周辺のようす 画面の奥の方は日本海で手前が太平洋です。左側の火山島は現在の洞爺湖の西側の豊浦町方面の大地を作った火山群です。右手の大地は洞爺湖の北側や大滝方面の大地を表しています。北海道のほとんどは海底の盛り上がりと火山活動によって作られたといえます。

P3050351 33

3. 100〜50万年前のようす 海底にあった台地は次第に持ち上がりながら、各地で次々と火山が活動し、火山灰や溶岩で埋めながら現在の地形に近づいてきました。点線で囲まれたあたりが現在の洞爺湖の場所になります。有珠山や羊蹄山の姿はまだありません。このあたりはなだらかな丘や平原のような地形だったと思われます。

P3050352 44

4. 11万年前の巨大噴火 現在の洞爺湖付近で激しい火山噴火が起こりました。3万mを越える高さまで軽いしや火山灰を噴き上げ、北海道全体と東北地方北部をすっぽりと包み込むほどでした。

P3050353 55

5. 洞爺湖カルデラのたんじょう 巨大噴火はわずか1週間程度で終わったと考えられます。周囲は厚い火山灰と軽石で埋まり、なだらかな平原状になりました。100m以上の厚さで堆積したところもあったようです。そして、活動の中心部は直径10km以上、深さ500mもある円形のくぼ地となりました。これが後に洞爺湖となる洞爺カルデラの誕生です。

P3050354 66

6. 5万年ほど前のようす カルデラの周囲は次第にくずれてなだらかな斜面となりのした。また、内部にはアマミス゛や地下水がたまり湖が出来ました。約5万年前、再び火山活動が始まり、湖の中心部で激しい爆発や固まった溶岩がいくつも押しあがって現在の中島が出来ました。これが洞爺湖の原型となったのです。このころ北の方では羊蹄山が噴火をくり返し、洋画や火山灰を噴出して成長していました。有珠山の姿はまだみえません。 (つづく)

posted by 管理人 at 00:09| 日記

2018年02月14日

伊達の小学校での展示

P2090053b

西胆振全域+日本海+襟裳岬まで

P1130162b

有珠から伊達市街まで(部分)

P2090037b

有珠山噴火 噴煙の規模

P2090052

有珠山の成り立ち変遷

P2090051P2090050P2090049

posted by 管理人 at 17:16| 日記

2017年12月30日

豊浦町資料室(旧礼文華中学校)のこと (その1)

豊浦町の文化財--遺跡・史跡・ジオパーク資源--(平成25年3月作成 A4版43ページ)には、豊浦町の自然と歴史・文化について、カラー写真いりの詳しい説明か゛載せられています。33ページには、博物資料が掲載され、それは旧礼文華中学校に収められている。その内の福田茂夫さんの作成展示物について、若干写真で紹介をしたいと思います。(文・写真:木村益巳)

PA170498b

玄関ホールの吹き抜けに飾られている5m?の帆船 たくさんの水夫も・・・

IMG_4567b

1Fジオラマ 豊浦町から噴火湾、洞爺湖、羊蹄山まで。三畳大(1.8m×2.7m)の大作

IMG_6760b

2F世界の貝を中心に展示・壁の絵も福田さん作成

posted by 管理人 at 21:54| 日記

2017年11月22日

インディアン水車休憩所・加工施設プレオープン11/17

豊浦町の新たな取り組みを応援
この度リニューアルオープンしたインディアン水車公園の食品加工施設は、豊浦産品の実験的な加工品開発を目的としています。高度な加工技術、豊浦ならではのレストランメニュー提供など未来への展望が期待されています。来年4月から正式オープンとなりますが、森水人ネットも併設されたレストルームで「貫気別川の自然」をテーマに写真展示を行っています。これを機に豊浦町は第二、三の新たな観光拠点づくりに取り組んで行こうとしています。「森水人ネット」も側面から豊浦の魅力発信の応援をして行きたいと思います。 (福田)

PB150197bPB170210b

PB170264bPB170263b

加工施設で造ったホタテ・サケの燻製 地元のプロの指導を受けて役場職員が作ったという。やや軟らかくおいしい。

PB170247b

当日は東京などで8店舗経営のオーナーシェフ木下威征氏による、地元豊浦の食材を使った料理が振舞われた。料理の説明。地元で作ることのできるいろいろなアイディアが料理に盛り込まれている。

PB170234bPB170256bPB170258b

これも食材を求めて地元をまわり、生産者からいただいたものをシェフが・・・。

PB170270b

サケその他を使ったふりかけ?の一品。温かいご飯との相性がよい。

PB170265b

おなじみイクラ丼。

PB170277b

村井町長と木下シェフ。 町長は様々な地場産品を活用し人口減少を食い止めたいと話す。そのために・・・。シェフは豊浦には、農水産品が豊富。それを支える地元の元気な人たちがいる。食で協力したい・・・。

PB170308b

漁業・農業で協力している方々が出席し、食材と料理について感想をのべた。

posted by 管理人 at 21:56| 日記

2017年10月07日

有珠のアルトリ付近ゴミ拾い 10/6<速報>

10/6.NPO森ネットとシルバー人材センターで有珠海岸の清掃が行われました。シルバーさんは恋人海岸へ。森ネットはアルトリ岬付近へ。たくさんの一般ゴミと漁業関係のゴミが・・・。砂浜が見違えるようにきれいになりました。ポロノット森林公園ヨコの入り江のポンマでは、一般ゴミだけを拾いました。

PA060596

岬の長和がわ

PA060601

岬の長和がわ

PA060600

岬の虻田がわ きれいになったね。

PA060597

岬の虻田側

PA060602

岬から少しはなれて海水浴場側 きれいになったね

PA060606

岬から少し離れて、海水浴場側から集めたもの

PA060613

ポンマ

posted by 管理人 at 08:48| 日記
ホームページにもどる.JPG