2018年06月21日

有珠海浜の清掃2018.6.10

                                                                          ( 記 平鹿 裕子)

2016年8月末の台風災害は、道内各地に甚大な被害をもたらした。有珠アルトリ岬福田さん宅周辺の海岸では、見るも無残なゴミで海岸線が埋め尽くされて、福田さん夫婦は連日ゴミ拾いを続けた。このゴミが、いずれ海中でマイクロチップ化することを怖れた友子さんは、腰痛を発症して病院通いをしてまでも海岸のゴミを拾い続けて2年近くになる・・・

2018年6月10日に、森ネットのメンバー7人が参加して海岸清掃を行った。今年はいつもの海岸のゴミは激減したので、別の浜で二手に分かれてゴミ拾いをはじめた。暑くも寒くもなく、風もない穏やかな砂浜には、やはり多種多様なゴミがいっぱい。

P6100101

福田友子さんは「今回の清掃エリアは、伊達市の清掃が一度も入らない場所。海水浴場部分だけ清掃し、あとの場所は放置です」と憤る。環境を守るという視点が、行政には全く欠けているという現実がある。ビン、缶、ビニール袋、炭焼きしたのかその道具も放置。一番目立つのはやっぱり漁具だろう。大きくて目立つ浮き球や綱やカゴ類が目立つ。中が空洞の浮き球だと、軽くて運びやすいが海水や砂が入っていると運搬には苦労する。

この日は、浮き球を集めるのに福田茂夫さんが自家用ボートを使った。砂浜の数か所に集めた浮き球を船に載せ、力強く見事なオールさばきで波の上をすいすい進んで、浮き球の集荷場所までボートで運んだ。その雄姿に、思わず見とれた私たち!

P6100105

「すごいね!」「疲れないのかな・・・」「オールのさばき方は、やっぱりプロだね!」 だいたいのゴミがなくなり、帰るときに「船に乗っていく?」思わず、「いいんですか?乗っていきま〜す」と木谷さんと私。わくわくドキドキしながら、船のに乗り込み波の上・・・ゆらゆら、海中の海草もゆらゆら、なんて気持ちがいい!

P6100104

福田さんは「昔から鍛えているので船を漕ぐのは、数時間漕いでも疲れないよ、もうそういう筋肉ができているからね」すごい!自宅から善光寺まで船で2往復(4時間)しても、平気とか。シニアにして、その筋肉、その体力に感動!無事に福田宅横の浜に到着し、車庫でお茶タイム。砂浜で膝はガクガクしたが、船に乗せてもらってわくわく楽しかった。アルトリ岬はいいなあ〜

P6100108

この日の収穫?は、40Lゴミ袋で、可燃ごみ18、不燃ごみ3、浮き球70数個、他にもロープやホタテかご。なかなかの成果でした。

P6100106

posted by 管理人 at 22:39| 日記
ホームページにもどる.JPG