2017年10月07日

有珠のアルトリ付近ゴミ拾い 10/6<速報>

10/6.NPO森ネットとシルバー人材センターで有珠海岸の清掃が行われました。シルバーさんは恋人海岸へ。森ネットはアルトリ岬付近へ。たくさんの一般ゴミと漁業関係のゴミが・・・。砂浜が見違えるようにきれいになりました。ポロノット森林公園ヨコの入り江のポンマでは、一般ゴミだけを拾いました。

PA060596

岬の長和がわ

PA060601

岬の長和がわ

PA060600

岬の虻田がわ きれいになったね。

PA060597

岬の虻田側

PA060602

岬から少しはなれて海水浴場側 きれいになったね

PA060606

岬から少し離れて、海水浴場側から集めたもの

PA060613

ポンマ

posted by 管理人 at 08:48| 日記

2017年09月15日

9/9アルトリの「海の生き物」観察会(森ネット主催)

8月行事が天候不順で延期され、9月開催はお天候とにらめっこしながらの準備となりました。
幸いにも朝方の雨も上がり、当日は絶好の観察日和となりました。
子供達の声が海辺に響くと、全てが活気づきますね。

P9090986

石の裏にはカニが沢山隠れている 石をひっくり返してはたくさんのカニをつかまえました。

P9090978ぼかし

ツブかごのロープを子供たちが引っ張ると、中からツブが・・・・

海で遊び、みんなで一緒に楽しいランチ。
木村代表のイタドリ笛も加わると賑やかってもんじゃあないわね。
贅沢ではないけれど、
夏の浜辺行事らしいメニュー(やきそば・ホイル焼き・おでん・フルーツシャワーポンチ)を
おなか一杯食べました。
NPOの女性スタッフがたくさんの野菜を提供してくれ、
加えて、我が家の自家菜園から大根・じゃがいも・ささげ・絹さやなど総動員して、
低コストを工夫しました。
今回の行事では、園児の参加を積極的に呼び掛けてくださった、
京王幼稚園様には本当に感謝申し上げます。
海・山・川・野原など、いろいろな自然の中で子供達を遊ばせたいですね。
面白くて為になる行事を、NPOこれからも頑張らなくちゃーね。(友子)
 
参加者の感想です。
子供2人と家族4人で参加しました。今年の夏は気温が低くて、
海遊びがなかなか出来なかったので、大人も子供も海遊びを楽しめ、
来て良かったです。ありがとうございました。 (K様)
本当に楽しい行事でした。是非また参加したいです。
海に限らず、NPOの様々な行事にも参加してみたいです
(NPOのHPを紹介しました)(他参加者様より口頭感想をいただきました。)
 
小さなタイドプールの中の小宇宙
有珠山の溶岩が冷えて固まった時にガスが抜けてできた円形の穴。
その中に無数の生物が…。

P9091011

この小さな潮溜まり(タイドプール)には↓たくさんの生き物が・・・イソギンチャクの数は全部で90

P9091010こ
マガキ、タマキビガイ、ムラサキインコガイ、コガモガイ、コウダカアオガイ、
イソギンチャクやヨコエビ等の動物、苔のような藻類や石灰藻等々。
1日の内数時間しか海面下にならない小さな海水プール。
互いに絶妙なバランスを保って生きている。感動の一言?(茂夫)

昼食風景・砂浜の体験など、続きは次号へ。

posted by 管理人 at 21:12| 日記

2017年07月04日

幼稚園児のアルトリ海岸体験会 6/26から3回

京王幼稚園年長組さんのアルトリ海岸磯遊び

2017年6月26日(月)から28日(水)の3日間、京王幼稚園年長組さん3クラスの磯遊びが、伊達市南有珠町アルトリ海岸(通称恋人海岸)で開かれました。

幼稚園の引率は6名(理事長さんご夫婦、担当教員さん2名、バス運転手さん、カメラマンさん)、NPOスタッフは3名(吉野氏・福田2名)でした。

生きもの調達係は吉野氏、前日からヤドカリやヒトデやナマコ、海藻を準備してくれました。福田はタイドプール造りと世界の大きな貝標本準備、友子は相変わらず海浜清掃と安全な通路確保とお湯を準備しておチビちゃん達の洗体係になりました。

園児さんの参加状況は、26日(26名)、27日(23名)、28日(26名)でした。

26日の初日、前日雨でオホーツク海高気圧の影響で冷たい風が時折吹き心配しまし

た。

午前11時バス到着。園児さんの元気なあいさつ後、少し寒そうに浜辺まで歩くと状況一変。

子供達の笑顔炸裂!生きものがいるプールに初めは恐る恐る、その内胸まで浸りダイビングする子も。大きく潮の引いた砂浜は輝いて、寄せる波に合わせみんなでジャンプ!こちらではカニ採りキャーキャー!楽しいと寒さも忘れるってこんな事なんだね。

27日晴れ。生きもの係がカジカの幼魚を用意しました。やはり何といっても動くお魚が大人気!群がる子供達の興味に5分でダウン。[海に戻してあげるね] とやさしい子が波打ち際に放してあげました。ヒトデ3兄弟よろしくお団子のようにヒトデ重ねを離さない子も。

28日暖かい晴れ。貝殻を集めてケーキのように飾ったり、すっかり海の中に座って遊ぶ子も。これな〜に?の質問攻めも。ナマコ・ゴカイもみんなの手の上でヨレヨレに。

P6280233○b

波待ちジャンプも絶好調!こうして見ていると、この時期の子供の好奇心って凄いね。

見た目気持ち悪くても、興味深々。何でも触れて楽しんでいました。

『おじいちゃんの手になっちゃった』 お帰り準備の足洗いの時、男の子が云いました。

手が海水でふやけてフニャフニャになっていました。

幼稚園なので、園に戻り昼食後、午後2時には帰宅バスでお家に戻るとの事。お家で楽しかった海のお話しが出来るといいですね。砂だらけのスモッグやパンツを前にご父兄の皆様どうか叱らないであげて下さいね。すごく楽しかったのですから。

潮の引いた自分達だけの浜辺、空、風、波、水の冷たさ、砂の感触、海藻、カニ、ヒトデ、魚、貝殻、流木、そして友達。五感の全てがフル回転して、楽しい記憶が残るといいですね。

その感覚が自然を大切に思う気持ちに繋がっていくことを願っています。

日本の宝物の子供達へ。初夏の海岸はきれいだったでしょう。又、遊びに来て下さいね。

京王幼稚園の職員の皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。 (福田友子)

posted by 管理人 at 16:28| 日記
ホームページにもどる.JPG