2017年07月04日

幼稚園児のアルトリ海岸体験会 6/26から3回

京王幼稚園年長組さんのアルトリ海岸磯遊び

2017年6月26日(月)から28日(水)の3日間、京王幼稚園年長組さん3クラスの磯遊びが、伊達市南有珠町アルトリ海岸(通称恋人海岸)で開かれました。

幼稚園の引率は6名(理事長さんご夫婦、担当教員さん2名、バス運転手さん、カメラマンさん)、NPOスタッフは3名(吉野氏・福田2名)でした。

生きもの調達係は吉野氏、前日からヤドカリやヒトデやナマコ、海藻を準備してくれました。福田はタイドプール造りと世界の大きな貝標本準備、友子は相変わらず海浜清掃と安全な通路確保とお湯を準備しておチビちゃん達の洗体係になりました。

園児さんの参加状況は、26日(26名)、27日(23名)、28日(26名)でした。

26日の初日、前日雨でオホーツク海高気圧の影響で冷たい風が時折吹き心配しまし

た。

午前11時バス到着。園児さんの元気なあいさつ後、少し寒そうに浜辺まで歩くと状況一変。

子供達の笑顔炸裂!生きものがいるプールに初めは恐る恐る、その内胸まで浸りダイビングする子も。大きく潮の引いた砂浜は輝いて、寄せる波に合わせみんなでジャンプ!こちらではカニ採りキャーキャー!楽しいと寒さも忘れるってこんな事なんだね。

27日晴れ。生きもの係がカジカの幼魚を用意しました。やはり何といっても動くお魚が大人気!群がる子供達の興味に5分でダウン。[海に戻してあげるね] とやさしい子が波打ち際に放してあげました。ヒトデ3兄弟よろしくお団子のようにヒトデ重ねを離さない子も。

28日暖かい晴れ。貝殻を集めてケーキのように飾ったり、すっかり海の中に座って遊ぶ子も。これな〜に?の質問攻めも。ナマコ・ゴカイもみんなの手の上でヨレヨレに。

P6280233○b

波待ちジャンプも絶好調!こうして見ていると、この時期の子供の好奇心って凄いね。

見た目気持ち悪くても、興味深々。何でも触れて楽しんでいました。

『おじいちゃんの手になっちゃった』 お帰り準備の足洗いの時、男の子が云いました。

手が海水でふやけてフニャフニャになっていました。

幼稚園なので、園に戻り昼食後、午後2時には帰宅バスでお家に戻るとの事。お家で楽しかった海のお話しが出来るといいですね。砂だらけのスモッグやパンツを前にご父兄の皆様どうか叱らないであげて下さいね。すごく楽しかったのですから。

潮の引いた自分達だけの浜辺、空、風、波、水の冷たさ、砂の感触、海藻、カニ、ヒトデ、魚、貝殻、流木、そして友達。五感の全てがフル回転して、楽しい記憶が残るといいですね。

その感覚が自然を大切に思う気持ちに繋がっていくことを願っています。

日本の宝物の子供達へ。初夏の海岸はきれいだったでしょう。又、遊びに来て下さいね。

京王幼稚園の職員の皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。 (福田友子)

posted by 管理人 at 16:28| 日記

2017年05月30日

秘境小幌5/13 (豊浦町主催行事 NPO森ネット自然解説)

P5130373bP5130369b

車ではいけない日本一の秘境駅「小幌」

P5130406bP5090313b

下は絶壁 小幌洞窟へ

P5130412nP5130432b

深く削られた岩は、縄文海進(約6000年前)で出来あがった

P5130420bP5130440b

解説する渡辺学芸員 磯(岩棚)を見る

P5130450b

潮溜まりにはヒトデ、うになどいろいろ

P5130470bP5130463b

同じ種類の海藻が群生することもある

P5130478P5130481b

P5130487b

昼食後 沢の探検へ

P5130496bP5130394n

マイヅルソウ シラネアオイ

P5130529bP5130505b

ヒトリシズカ ハタザオの仲間

P5130503bP5130510b

ヒメアオキの実 オドリコソウ

P5130389nP5130388b

今年リタイヤしたが中心的役割をになった福田さん 後見者の渡辺学芸員

P5130545bP5130517b

豊浦町長も駆けつけてくれた バイオトイレ(豊浦町が駅前に設置した)

posted by 管理人 at 11:16| 日記

2017年05月04日

有珠海岸の地形と生物

1. 地形の特徴

有珠の海岸はよく箱庭のようだと言われます。小さな入江や岬、島々や岩礁、砂浜などが織り成す地形はその言葉に通りです。内陸部にも小さな丘が無数に散らばっており、その複雑な姿は松島のようだと表現する人もいます。

昔の有珠湾はもっと大きく、有珠駅の近くには「ホルクスの沼」と呼ばれた大きな沼があり、周囲には湿原が広がっていました。また、砕石や土取場となって多数の丘も姿を消してしまいました。昭和初期の有珠を知っている人々はかつての美しさは現在とは比べ物にならないと言っています。それでも善光寺寺自然公園やポロノットの展望台、アルトり岬からの眺めは何度見ても素晴らしいものです。

江戸時代に有珠を訪問した菅江真澄は「かつて見た松島や象潟の面影が目に浮かび、庭園などをみているような面白さ」と表現し、明治11年に訪れたイサベラ・バードは「有珠は美と平和の夢の国である。‥‥それでも私が日本で見た中で最も美しい絵のような景色であった。」と絶賛しています。

 

P1000202

海水浴場方面に広がる砂浜  干潮時にはこのような干潟が広がる

P1000127

←善光寺自然公園から有珠湾口周辺を望む

雪崩れ込んだ溶岩塊

アルトリ岬下の海岸から北側を望む このような岩礁が海底まで転々と続く

posted by 管理人 at 22:12| 日記
ホームページにもどる.JPG