2017年11月22日

インディアン水車休憩所・加工施設プレオープン11/17

豊浦町の新たな取り組みを応援
この度リニューアルオープンしたインディアン水車公園の食品加工施設は、豊浦産品の実験的な加工品開発を目的としています。高度な加工技術、豊浦ならではのレストランメニュー提供など未来への展望が期待されています。来年4月から正式オープンとなりますが、森水人ネットも併設されたレストルームで「貫気別川の自然」をテーマに写真展示を行っています。これを機に豊浦町は第二、三の新たな観光拠点づくりに取り組んで行こうとしています。「森水人ネット」も側面から豊浦の魅力発信の応援をして行きたいと思います。 (福田)

PB150197bPB170210b

PB170264bPB170263b

加工施設で造ったホタテ・サケの燻製 地元のプロの指導を受けて役場職員が作ったという。やや軟らかくおいしい。

PB170247b

当日は東京などで8店舗経営のオーナーシェフ木下威征氏による、地元豊浦の食材を使った料理が振舞われた。料理の説明。地元で作ることのできるいろいろなアイディアが料理に盛り込まれている。

PB170234bPB170256bPB170258b

これも食材を求めて地元をまわり、生産者からいただいたものをシェフが・・・。

PB170270b

サケその他を使ったふりかけ?の一品。温かいご飯との相性がよい。

PB170265b

おなじみイクラ丼。

PB170277b

村井町長と木下シェフ。 町長は様々な地場産品を活用し人口減少を食い止めたいと話す。そのために・・・。シェフは豊浦には、農水産品が豊富。それを支える地元の元気な人たちがいる。食で協力したい・・・。

PB170308b

漁業・農業で協力している方々が出席し、食材と料理について感想をのべた。

posted by 管理人 at 21:56| 日記

2017年10月07日

有珠のアルトリ付近ゴミ拾い 10/6<速報>

10/6.NPO森ネットとシルバー人材センターで有珠海岸の清掃が行われました。シルバーさんは恋人海岸へ。森ネットはアルトリ岬付近へ。たくさんの一般ゴミと漁業関係のゴミが・・・。砂浜が見違えるようにきれいになりました。ポロノット森林公園ヨコの入り江のポンマでは、一般ゴミだけを拾いました。

PA060596

岬の長和がわ

PA060601

岬の長和がわ

PA060600

岬の虻田がわ きれいになったね。

PA060597

岬の虻田側

PA060602

岬から少しはなれて海水浴場側 きれいになったね

PA060606

岬から少し離れて、海水浴場側から集めたもの

PA060613

ポンマ

posted by 管理人 at 08:48| 日記

2017年09月15日

9/9アルトリの「海の生き物」観察会(森ネット主催)

8月行事が天候不順で延期され、9月開催はお天候とにらめっこしながらの準備となりました。
幸いにも朝方の雨も上がり、当日は絶好の観察日和となりました。
子供達の声が海辺に響くと、全てが活気づきますね。

P9090986

石の裏にはカニが沢山隠れている 石をひっくり返してはたくさんのカニをつかまえました。

P9090978ぼかし

ツブかごのロープを子供たちが引っ張ると、中からツブが・・・・

海で遊び、みんなで一緒に楽しいランチ。
木村代表のイタドリ笛も加わると賑やかってもんじゃあないわね。
贅沢ではないけれど、
夏の浜辺行事らしいメニュー(やきそば・ホイル焼き・おでん・フルーツシャワーポンチ)を
おなか一杯食べました。
NPOの女性スタッフがたくさんの野菜を提供してくれ、
加えて、我が家の自家菜園から大根・じゃがいも・ささげ・絹さやなど総動員して、
低コストを工夫しました。
今回の行事では、園児の参加を積極的に呼び掛けてくださった、
京王幼稚園様には本当に感謝申し上げます。
海・山・川・野原など、いろいろな自然の中で子供達を遊ばせたいですね。
面白くて為になる行事を、NPOこれからも頑張らなくちゃーね。(友子)
 
参加者の感想です。
子供2人と家族4人で参加しました。今年の夏は気温が低くて、
海遊びがなかなか出来なかったので、大人も子供も海遊びを楽しめ、
来て良かったです。ありがとうございました。 (K様)
本当に楽しい行事でした。是非また参加したいです。
海に限らず、NPOの様々な行事にも参加してみたいです
(NPOのHPを紹介しました)(他参加者様より口頭感想をいただきました。)
 
小さなタイドプールの中の小宇宙
有珠山の溶岩が冷えて固まった時にガスが抜けてできた円形の穴。
その中に無数の生物が…。

P9091011

この小さな潮溜まり(タイドプール)には↓たくさんの生き物が・・・イソギンチャクの数は全部で90

P9091010こ
マガキ、タマキビガイ、ムラサキインコガイ、コガモガイ、コウダカアオガイ、
イソギンチャクやヨコエビ等の動物、苔のような藻類や石灰藻等々。
1日の内数時間しか海面下にならない小さな海水プール。
互いに絶妙なバランスを保って生きている。感動の一言?(茂夫)

昼食風景・砂浜の体験など、続きは次号へ。

posted by 管理人 at 21:12| 日記
ホームページにもどる.JPG